読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉の力

世界各国の名言ブログ。作品・名言集。 太宰治 宮沢賢治 夏目漱石 ロバート・フロスト ミケランジェロ ナポレオン・ヒル ベンジャミン・フランクリン ロダン ほか 「森を歩いていると 2つの分かれ道に出会った。 私は足跡の少ない方の道を選んだ。 それが今の私を形成している。」 ロバート・フロスト

ニーチェの名言

言葉

ニーチェ



血をもって書け。
君は、血が精神であることを知るだろう


生きるとはなんのことか
――生きるとは――
死にかけているようなものを、
絶えず自分から突き放していくことである

『華やかな知識』


生存の最大のよろこびを収穫する秘訣、
それは危険に生きるということだ。
君たちの町をヴォスヴィオの山腹に築け。
君たちの船を未知の海洋におくれ。
君たちの仲間、
また君たち自身との戦いのうちに生きよ

『楽しい知識』


新しい喧騒の発明者をめぐってではなく、
新しい価値の発明者をめぐって、
世界は回転する。
耳にきこえないで回転する

『ツァラストラはかく語った』

尊敬をささげた対象を君の前にならべてみるのだ。
そうすればおそらくそれらのものは、
その本質とそのつながりによって、一つの法則を、
君の本来的自己の原則を示してくれるであろう

『反時代的考察』


嵐を捲きおこすものは最も静かな言葉である。
鳩の足で来る思想が世界を左右する

『ツァラストラはかく語った』


われわれは個体以上のものである。
われわれは鎖のあらゆる未来の使命をも
ふくめた鎖全体なのだ

『権力意志』


わが弟子たちよ、われ今よりは、
独り行んとする! 
なじんらもまた独り行け! 
かくわれは希う。
まことに、われなんじらに勧める。
われより去れ。
ツァラトストラより自己をふせげ!

『ツァラトストラはかく語りき』




芸術がほとばしりでてくるような
このおだやかに恵まれた至福の、内面の幸福は、
僕たちの手に 負えるものではないし、
僕たちの願いに応じてくれるものでもない。
それはときたまふと思いもよらず
僕たちの体内にわいてくるものなのだ

グスタフ・クルーク宛の書簡


なんじが久しく深淵を見入るとき、
深淵もまたなんじを見入るのである


孤独のなかでは、人がそのなかへ
持ち込んだものが成長する